2021年6月7月の展覧会のお知らせ

「榊原メグミ Light scattered on the ceiling 天井にちらばった光」

 

5月29日から始まりました、只今、好評開催中の展覧会です。

最終日は6月9日(水)16時までです。どうぞ、お立ち寄りくださいませ!

 

ギャラリー島田B1F

神戸市中央区山本通2-4-24

 

———————————————————

 

「日中韓芸術展」

 

出品作家 Pen2・大塚温子

時           6月7日(月)~6月10日(木) ※コロナ禍のため、11日は開催されません。

場所       鳩山会館      東京都文京区音羽1-7-1

———————————————————

 

「第27回現代美術日韓展」

 

出品作家 Pen2・貝塚理佐・大塚温子

時    7月26日(月)~7月31日(土)

場所          ギャラリーくぼた   東京都中央区京橋2-7-11

———————————————————

次第に汗ぱむ陽気になり、まだまだ大変なご時世ですが、

ご高覧の程、宜しくお願いいたします。

カテゴリー: Blog

榊原メグミさん ー天井にちらばった光ー 個展のお知らせです!

榊原メグミさんの個展のお知らせです!

Light scattered on the ceiling
ー天井にちらばった光ー

緑眩しい季節とはいえ、梅雨に入り、
まだまだコロナ禍で落ち着かず、このご時世の色々な情報で疲れ気味、、。

そんな時期にホッと落ち着く、
柔らかく包まれ癒される展覧会がはじまります^^

会場内の画面から宇宙の静かな光の粒子のシャワーが、
ご覧下さる皆様のココロと体の細胞にまで浸透していくような、、

願いと祈りのこもった展覧会、是非こ高覧くださいますよう
宜しくお願いします。

 

ギャラリー島田B1F  http://gallery-shimada.com/
2021年5月29日(土)~6月9日水)
11:00~18:00 最終日16:00まで
神戸市中央区山本通2-4-24
Tel 078-262-8058

十一月画廊 里井純子個展 -生きること・描くこと- 開催中です

穏やかな春の光の中、銀座の十一月画廊にて、ポウのメンバーによる
「里井純子展 – 生きること・描くこと -」が4月5日より開催中です。

華やかでエネルギー溢れる会場には、色彩が織りなす大胆さと
繊細さが同居する作品が並んでいます。

作家の言葉をご紹介いたします。

<生きること・描くこと>

私にとって描くことが生きる証、生かされている意味なのだと感じます。

72歳になっても私にはまだ可能性があることを実感するのです。

閃いた色を重ね、削っては塗り 削っては塗りを繰り返し

ああ美しいと思える色や高揚感を表現すること。

それはとても楽しい作業です。

この楽しさを感じていただけたら幸いです。

里井 純子

春の季節にふさわしい、命の豊かさが輝く展覧会を

ぜひ会場でご高覧ください!

 

里井純子展

– 生きること・描くこと-

2021年4月5日(月)- 4月17日(土)

12:00-19:00 (Sat / 17:00)  closed / Sunday

十一月画廊

104-0061

東京都中央区銀座7-11-11 長谷川ビル3F

03-3289-8880

http://juichigatsu-g.com/

カテゴリー: Blog

2021年4月の展覧会のお知らせです!

ようやく春めいてきましたね^^
背中に感じる太陽のぬくもりが、じんわり暖かいです。

さてポウメンバーの4月の展覧会のお知らせです。


Pen2  グループ展「art is hart」

会期 2021年4月2日(金)〜6日(火) 11:00~19:00

場所 アート○美空間 Saga
神戸市中央区下山手通2-13-18 観音寺ビル1階
℡ 078-321-3312


里井純子個展 「生きること・描くこと」

会期 4月5日(月)~4月17(土)     日曜日休廊
12:00~19:00(最終日17:00まで)

場所  十一月画廊
東京都中央区銀座7-11-11 長谷川ビル3F
℡ 03-3289-8880


お近くにおいでの際は是非お立ち寄りくださいませ!

宜しくお願いいたします。

アート2021干支展 開催中

「アート2021干支展 丑」

今年も後少し、という声が聞こえる時期になりましたね。
只今開催中の、あさご芸術の森美術館の干支展のお知らせです!

ポウ展メンバーからは、榊原メグミさん、コウノ真理さん、Pen2さん、貝塚理佐さん、大塚温子が出品しています。

お近くにおいでの際は是非お立ち寄りください^^
宜しくお願いいたします。

会期  2020年12月5日(土)~2021年1月11日(月・祝)
午前  10時~午後5時 ※入館は閉館30分まで
休館日 水曜日、年末年始(12月25日~1月6日)

あさご芸術の森美術館
兵庫県朝来市多々良木739番地3
℡ 079-670-4111

————————————————————————————————————–

今年も一年、本当にありがとうございました。
来年はコロナが終息に向かいますようにと、地球上の人々が切なる願い、祈りを込めて新しい年を迎えます。
少し早いですが、皆様、どうぞ良いお年でありますように。。

ノマド村 榊原メグミさん コウノ真理さん

先頃行われました神戸のポウ展の後、一息つく間もなしに今度は淡路島でメンバーの榊原メグミさんとコウノ真理さんがグループ展に出展します!


「CONTEMPORAY ART 2020 INSIDE OUT NOMADOMURA」

会期 2020年11月(毎週土・日)7・8、14・15、21・22、28・29日

ノマド村 OPEN 11:00~17:00

アーティトトーク 2020年11月7日(土)13:00~  ノマド村1階玄関

住所 淡路市長澤727 ノマド村 ℡ 0799-70-1165


「キオクイロイロ」Megumi Sakakibaraさん


「ヒカリノハクイ」Mari Konoさん

天高し、気持ちの良いこれからの季節に淡路島においでの皆様、どうぞお立ち寄りくださいませ^^ 宜しくお願いいたします!

 

ポウ展会場の様子です~!

会期中、ポウ展にお越し下さったお客様はご熱心に作品をご覧くださいました。
ブース内のお写真を撮られたり、作家とお話されて過ごされていました。
「一度にたくさんの作家のたくさんの素敵な作品を見ることができるから楽しみにしていたの」お客様の言葉です。ありがとうございます!

ポウ展の会場の様子をご覧ください^^

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

ポウ展のために集まったメンバー達は搬出後、各自の作家活動に戻り、また個展やグループ展を開きます。皆様、これからも、どうぞ宜しくお願いいたします!

ポウ展 アーチストトーク ビデオ撮影の様子

秋晴れのお天気が良い日が続きますね!
ポウ展もほんの少しだけ雨に降られましたが、メンバーの気持ちと同じような晴天に恵まれました^^

会期中、アーチストトーク、ビデオ撮影など行われました。その時の各ブース内の作品を前にしたメンバーの画像をご覧ください。

榊原メグミさん

貝塚理佐さん

Pen2さん

山口よしこさん

岡井光代さん

コウノ真理さん

中山トモ子さん

金田尚子さん

児玉瑛子さん

伊藤みえこさん

里井純子さん

竹本健人さん

大塚温子

人前でのトークは上がってしまいますが、やっぱりいい経験ですね!
初めてアーチストトークをされたメンバーも、会場内からのご質問に素早くお答えされてました^^

ポウ展終了しました~

先頃、10月23日から開催されました「Vol.37 進化系ポウ展」は大盛況のうちに無事に展覧会を終えました!

兵庫県立美術館様、県内外からご来場下さいました皆様、本当にありがとうございました。

コロナ禍という初めての状況で当初開催を迷いましたが、アートでこの空間から発信しよう!というメンバーの情熱、想いの深さからこの度開催に至りました。

おいで下さった皆様には感謝の気持ちでいっぱいです。
また、ポスターやパンフレットを置いて下さった各美術館様、ギャラリー様にも厚く御礼申し上げます。

まずは、会場内入口に設置しました看板(デザイン コウノ真理さん)、各メンバー制作による矢印のマーク、そしてPen2さんよるパフォーマンスの様子をご覧ください^^


しばらく会場内、作品と作家、アーチストトークなど画像は続きます。
宜しくお願いします!

 

 

ポウ展作家紹介 榊原メグミさん  大塚温子

ポウ展Vo.37に出品するメンバーのフライヤーの画像とコメントを紹介させていただいております。

ブース№12 榊原メグミさん

「作品を描くことは、
ぼんやりとした感覚を頼りに、
気配を探す旅に出るようなもの。
遠くに浮かぶ景色を
丁寧に繊細にたぐりよせて
色にのせてゆく。
それは、私の中の
私をとりまく
もっと大きなものの中の
粒子、記憶の再現。」

榊原さんの作品は、凍てつく寒さのあとに訪れる、
あの春の柔らかいぬくもりに似ています。
すべてを包み込む宇宙の息遣いのような波動を、是非ご堪能ください!

==================================================-

ブース№13 大塚温子

「命あるもの、ないもの、、
言葉にならない何かを
つねに発信しているように思います。
だれかに向かって。
どこかに向かって。」

記号のような文字のような線の集まりですが、古代文字のような具体的な意味のある線ではなく、いきいきと生命感に繫がるような空間になるように制作しています。
楽しんで頂けましたら幸いです^^

 

ポウ展Vo.37 2020年10月23日(金)24日(土)25日(日)
10:00~20:00(最終日14:00)
兵庫県立美術館ギャラリー棟3F